• 2411月
    Categories: 育毛剤 Comments: 0
    遺伝子検査で適した育毛剤ペルソナは、多くの方に人気があり話題を集めていますが、何が凄くて人気を集めているのでしょうか。今回、調べてみたので参考にしてみてくださいね!!
    今の時代は、多くの方が薄毛の悩みを抱えています。国内でアンケートした結果ですが、薄毛の悩みを抱えている男性は、1200万人となっています。5人に1人の人が悩んでいると言えます。
    悩みを抱えている人は色々な商品を使って悩みの改善を行っているのですが、悩みを解決することができず深刻な悩みとなっている人が多くなっています。
    育毛や発毛促進のカギとなっているのは遺伝子なのです。遺伝子は生まれてから死ぬまで生涯変わることがないと言われていて、薄毛になりやすい人、なりにくい人は遺伝子の影響が大きく関係していると言われています。
    実際に、遺伝子検査をすることにより、自分に合った薄毛の対策を行っていくことができるようになっています。
    遺伝子検査の流れ
    1.同封されている検査申し込み同意書付属説明書をよく読んで、検査申込同意書にご署名、捺印が必要となっています。
    2.細胞の採取を行います。口の中をよくすすいで綺麗にしてから、綿部をほほの内側に強く押し当てて、ほほの内側の細胞が綿部全体に採取できるよう、ぬぐうように20回ほど回転させながら擦りとっていきます。同様に反対側のほほも採取するようになっています。その作用を2回くりかえることになります。
    3.ポストに投函します。採取した検査用綿棒の綿部を下にして容器に2本とも一緒に入れて、しっかりとキャップを閉めます。返信用封筒裏面の差出人欄にご記入して、検査申込同意書と検査容器を同封して、ポストに入れます。検査に影響を及ぼしてしまうこともありますので、採取した後は早めに返信する必要があります。
    4.育毛剤が届きます。2週間~3週間に育毛剤と遺伝子検査結果のレポートが届くようになっています。ペルソナ育毛剤の効果で悩みを解消に導く事が出来ます。
    実際に、遺伝子を知ることにより、何が不足しているか知ることができると、自分に合った商品を購入することができて、悩み解決への道が近くなると思います。
  • 2311月
    Categories: 髪全体 Comments: 0
    女性の間でも広がっているFAGAって何なのでしょうか。今回は、FAGAについて調べて調べてみましたので参考にしてみてくださいね!
    FAGAとは、成人男性に多くみられる男性ホルモンに起因する脱毛症をAGAと言いますが、男性ホルモンは男性だけでなく、女性の体内にも存在しています。女性が男性ホルモンの影響を受けて薄毛になることをFAGAと言います。
    男性は頭頂部や生え際から薄くなってしまうのですが、女性の場合には、全体が均一に薄くなってしまう特徴が有り、薄毛が頭全体に広がってしまい、びまん性脱毛症ともいわれています。
    FAGAの原因ですが、女性は女性ホルモンの働きにより、男性ホルモンが抑制されるようになっています。そのために、男性ホルモンが体内に存在している状態でも薄毛になりにくいのです。
    また、女性ホルモンの1つとなっているエストロゲンは髪を成長させ、成長期間を長くする働きがあります。なので、女性ホルモンが活発に分泌されている間は元気な髪が持続されて、薄毛になりにくいと言われているのです。
    しかし、年齢を重ねることにより、女性ホルモンの分泌量が減少することにより、今まで女性ホルモンにより抑制されてうた男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうのです。
    女性ホルモンは閉経と大きく関係しているので、閉経が近づくことにより、分泌量が減少して、閉経後はほとんど分泌されなくなってしまいFAGAを引き起こしてしまうと言われています。
    また、生活環境の変化も原因の一つになっていて、生活環境の変化は、自律神経を乱してしまいホルモンのバランスが悪くなってしまいます。
    女性ホルモンが正常に分泌されている状態なら、男性ホルモンの影響は受けにくいと言えるのですが、ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうのです。
    更にストレスも大きく関係していて、ストレスはホルモンバランスを乱す原因となっています。女性も男性もストレスを感じることにより、様々なホルモンが分泌されて、体の緊張状態を高めてしまう傾向にありまっす。
    これは生命が危機に陥った時に瞬時に動けるようにするための本能的な働きなのですが、結果的には、ホルモンのバランスが乱れてしまい、女性ホルモンの分泌にも大きな影響が出てしまうのです。
    実際に、ホルモンが関係することにより、引き起こしてしまうと言われていますので、自分ができる対策を日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。
  • 1611月
    Categories: 前髪 Comments: 0

    M字専用育毛剤なんてありえない!?その理由・・・
    男性が悩むハゲで一番改善しにくいといわれているのが
    M字ハゲです。
    なにせ、M字ハゲの原因の特徴といえば、
    男性ホルモンにあるから。
    男性ホルモンの仕業によって、生え際からの薄毛が進行していくパターンのハゲがM字ハゲなんですよね~。

    男性ホルモンが関係しているからこそ、
    M字ハゲは育毛剤だけでは、改善しにくいんです。

    というわけで、M字専用育毛剤なんてありえません。
    時に、M字専用育毛剤などとうたっている育毛剤を見ます。
    実際に効果があったという人もいれば、
    効果が見られないという意見も様々ですが、
    やはり、M字ハゲの原因である男性ホルモンを抑制できないことには、改善は見られないのです。

    M字ハゲを改善させたいなら、男性ホルモンを抑制する効果のある成分が入っているものを選びましょう。

    育毛剤に配合されてある成分を良く見て購入する必要があります。
    ただ、育毛剤は頭皮に塗布するだけのものなので
    吸収されにくいという問題もあるんですよね。
    やはり、体内で起こっているハゲの原因は
    体内で解決させるのが一番効果があると言えそうです。
    M字ハゲに効果があるといわれているのが
    フィナステリドです。
    フィナステリドを主成分としたプロペシアの服用が
    M字ハゲには効果があるということは、
    ご存知の方も多いはず。

    なにせ、フィナステリドにはM字ハゲを進行させる
    男性ホルモンを抑制してくれる効果がありますからね。
    とはいえ、副作用が気になるところですが。
    ただ、実際にM字ハゲに悩む多くの方は
    フィナステリドを服用しながら、ミノキシジル配合の育毛剤を使ってM字ハゲを食い止めていたり、
    改善の兆候が見られたりと結果を出しています。

    また、複数の育毛剤を併用するというのも
    M字ハゲには効果があるとも言われています。
    薬の服用を避けたい方は、育毛剤を2種類程度使い分けてみましょう。

    M字専用育毛剤はないものの、
    諦めてはいけません。
    服用薬と育毛剤の併用や複数の育毛剤を使うことで
    結果が出る場合もあります。
    ただ、M字ハゲに関しても即効性がないことをお忘れなく。
    即効性があるような育毛ケア商品があればいいのですが。。
    今はそういった育毛剤が望めない以上、
    地道にコツコツケアをしていくしかありません。

    色々試してみることで、自分のハゲに合った
    ケア方法も見つかるはずです。

    最後に、M字ハゲにしても頭頂部の薄毛にしても
    頭皮の状態が悪いとどんな治療を行っても
    効果はありません。
    頭皮の炎症や、頭皮の血行不良、フケなど
    頭皮環境を健康な状態に持って行くことが
    とりあえず、やらなければいけないことです。

    今、M字ハゲに悩んでいる方、今は悩んでいなくても
    今後悩まされる可能性のある方は
    早目のチェックとケア、頭皮環境の改善から始めてみて下さい。

  • 1511月
    Categories: その他 Comments: 0

    気になるあの人のハゲ。
    人のハゲって気になりますよね~。


    でも、人のふり見てわがふり直せですよ。
    数年後の自分もあの人と同じようにハゲているかもしれません。
    だれから見ても思いっきりハゲ。
    そんな状態になる前に、セルフチェックをしてみましょう。

    ハゲる兆しはこれで分かる!セルフチェックを怠るな!
    薄毛治療は早ければ早い程、改善するのも早いです。
    誰かに言われる前に、チェックして治療開始して下さい。

    まずは、頭皮からチェックです。
    かゆみはありませんか。
    ニキビなどの炎症はありませんか。
    また、フケが出やすくなったなど、頭皮の乾燥を感じていませんか。
    逆に、頭皮が脂っこくなっているのも問題です。
    時間がたつとともに、頭皮がベタついて脂っこくなっていませんか。
    そして、頭皮を指の腹で押してみて下さい。
    硬く、頭皮が動きにくくなっていませんか。
    頭皮の状態が悪いのは、ハゲの兆候です。
    ハゲるかもしれないので、しっかりケアしましょう。

    このように頭皮に問題がある場合、
    シャンプーを低刺激なものに変えてみるのもいいでしょう。
    刺激のあるシャンプーは弱っている頭皮に良くありません。
    また、シャンプーの際には頭皮から余分な皮脂をもみだすかのように指の腹でしっかり頭皮を洗いましょう。
    ゴシゴシ摩擦するというよりは、頭皮を傷つけないように
    優しくマッサージするようなイメージで行います。
    ただし、洗いすぎは頭皮の乾燥の原因になってしまいます。
    1日1回のシャンプーで十分なのです。
    朝晩、シャンプーしている場合は、夜だけにしておきましょう。
    さらに、シャンプーやリンスが髪の毛や頭皮に残らないよう
    しっかりと洗い流すことも、とても大切なことです。
    すすぎ不足は、炎症やニキビの原因になりますからね。

    今度は、髪の毛のセルフチェックです。
    髪の毛が以前よりも、細くなった気がしていませんか。
    また、セットしにくくなったという気がしていませんか。
    これは、髪の毛に栄養素が届いていない証拠です。
    髪の毛が細い、またはセットがしにくくなったということは
    栄養が髪の毛に行き届いていないから、
    太く育っていないことで、コシまでなくなっていると言えます。
    栄養をいきわたらせるようなヘアケアが必要です。
    育毛剤を使ってみるのもいいでしょう。
    頭皮の血行を促進させてくれる効果のある育毛剤や
    頭皮や髪の毛に栄養を与えてくれる育毛剤を使って
    頭皮をマッサージすることで、より効果的に髪を太くできることでしょう。

    さらに、運動もハゲには効果的です。
    運動をすることで血行が促進されるんですね。
    血行が促進されることで、今まで届いていなかった
    栄養素を頭皮や毛根に届けることができるでしょう。
    また、禁煙もハゲにとっては重要です。
    タバコは血行不良の元です。
    禁煙を心がけて、頭皮にも体にもよい生活を送ることができれば、一番いいですよね。

    夜更かし、寝不足、野菜不足もハゲの原因になります。
    早寝早起き、野菜も取り入れたバランスの良い食事も
    心がけて、ハゲにならないような生活をしましょう。

    ハゲは、食生活、生活習慣、毎日のセルフチェックで
    防ぐことができます。
    なにより、ハゲも早期発見がハゲないポイントですからね。

     

  • 1311月
    Categories: その他 Comments: 0

    先数十年ぶりに同窓会が開かれたのですが、卒業してからも頻繁に会っていたのは数名だけで、

    ほとんどが本当に久しぶり!

    定番の話題である「○○が老けた」「○○がハゲた」という話で盛り上がり、

    なぜか普通言われて嫌な気分になるようなことでも、昔から知っている同級生からは何を言われても同時の自分や相手に戻り、全然嫌味に聞こえないのが不思議・・

    だって、普通久しぶりに会った人に自分の髪が薄いと言うことを笑われ、みんなの話題にされてしまったら、恥ずかしすぎてその場にはいられないはず。

    でも、なぜかそんなダークな話題でも大いに笑って話題にされたことがむしろ嬉しいなんて感じてしまうのです。

     

    そんな同窓会で、やはり気になったのが見た目の老け具合。

    もちろん、何十年もそのままキープできる人はいるはずもなく、誰でも老けるのですが・・それでも年相応の老け方と実年年齢よりも老けて見える人、若く見える人がいるのはなぜだろう?

    よくよく見てみると・・やっぱり肌だけではなく髪なんですよね~

    男性はつるつるになってしまった人もいるのですが、ほとんどの人がそれなりに薄毛になっていて、女性の場合は昔のようなつやつやの黒髪!という人は一人もいません!みんな髪は細くなりボリュームがないのが分かり、それを隠すためにパーマをかけている人も少なくありません。

    もちろん、体質的にハゲやすいとか毛が濃いとかありますが、ほとんどの場合は年齢によるホルモンバランスが原因らしいですね!

    特に男性はAGAと呼ばれる特有の薄毛があって、部分的に薄くなりやがてつるつるになってしまうので早めに治療が必要らしいです!でも、最近は効果的な治療薬なんかもあるようなので、恥ずかしがらずに受診すれば進行も止まり髪が生えてくるそうです。

    また、女性もFAGAと呼ばれる薄毛があって、これもホルモンバランスが大いに関係しているそうで、特に女性の髪は普段の髪型にも影響されるらしいのです!

    髪型によって髪が薄くなる?聞いたことがないかもしれませんが、いつもポニーテールをしている人っていますよね?あの髪型は年齢を重ねた女性にとって顔のたるみをグッと引き上げるリフトアップ効果があるので、それを目的にやっている人も多いらしいのです。

    一度自分たるんだ顔がピンと引き上げられた顔を見て満足してしまうと、もう違う髪型にするのは嫌ですよね?それが原因で強く引っ張られた髪が部分的に抜けてしまい薄くなってしまうのです。

    そしてもう一つ・・女性は自分の髪の癖や好みによって分け目を決めますが、それを長年続ける人がほとんどなのです。

    たまには違う場所で分けてみようと思っても、なんだかしっくりこなかったり長年のクセが着いていて元に戻ってしまうなど結局いつも同じ分け目の同じ髪型になってしまうのです。

    それが一番自分らしく似合っていると思うはずです。

    しかし、年齢とともにその分け目がなんだか薄くなってきたと感じる人は多いのではないでしょうか?これも女性特有の薄毛で、分け目がやけに目立つようになりその部分だけが薄毛になっていることに気付きます。

    ですから、分け目を変えるとことは実はとても大切なことで、同じ分け目を長く続けるのはやめた方が薄毛予防には効果的・・と分かっていても、先ほど言ったように分け目を変えたくてもなかなか変えることができないのが現実なのです。

    だったらどうするか・・ここで思い切って髪型を変えてみると言うのも一つの手で、髪形が変わると当然分けるべき部分が変わってくるので、そのスタイルをキープするために自然に分け目を変えることができます。

    前髪がなかった人が思い切って前髪を切ってもらったり、真ん中分けののロングの人がショートヘアに挑戦したり・・思い切ったイメージチェンジをすることで、分け目や常に引っ張られる場所が変わり、負担が少なくなるのです。

     

    このように年齢的に髪が薄くなるのは仕方がないと言っても、予防できることはたくさんあるのです。

    同窓会で「いつまでも変わらないね~」と言われるように、常に髪と頭皮の健康にも気を遣わなくてはいけませんね!