• 2311月
    Categories: 髪全体 Comments: 0
    女性の間でも広がっているFAGAって何なのでしょうか。今回は、FAGAについて調べて調べてみましたので参考にしてみてくださいね!
    FAGAとは、成人男性に多くみられる男性ホルモンに起因する脱毛症をAGAと言いますが、男性ホルモンは男性だけでなく、女性の体内にも存在しています。女性が男性ホルモンの影響を受けて薄毛になることをFAGAと言います。
    男性は頭頂部や生え際から薄くなってしまうのですが、女性の場合には、全体が均一に薄くなってしまう特徴が有り、薄毛が頭全体に広がってしまい、びまん性脱毛症ともいわれています。
    FAGAの原因ですが、女性は女性ホルモンの働きにより、男性ホルモンが抑制されるようになっています。そのために、男性ホルモンが体内に存在している状態でも薄毛になりにくいのです。
    また、女性ホルモンの1つとなっているエストロゲンは髪を成長させ、成長期間を長くする働きがあります。なので、女性ホルモンが活発に分泌されている間は元気な髪が持続されて、薄毛になりにくいと言われているのです。
    しかし、年齢を重ねることにより、女性ホルモンの分泌量が減少することにより、今まで女性ホルモンにより抑制されてうた男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうのです。
    女性ホルモンは閉経と大きく関係しているので、閉経が近づくことにより、分泌量が減少して、閉経後はほとんど分泌されなくなってしまいFAGAを引き起こしてしまうと言われています。
    また、生活環境の変化も原因の一つになっていて、生活環境の変化は、自律神経を乱してしまいホルモンのバランスが悪くなってしまいます。
    女性ホルモンが正常に分泌されている状態なら、男性ホルモンの影響は受けにくいと言えるのですが、ホルモンバランスが乱れてしまうことにより、男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまうのです。
    更にストレスも大きく関係していて、ストレスはホルモンバランスを乱す原因となっています。女性も男性もストレスを感じることにより、様々なホルモンが分泌されて、体の緊張状態を高めてしまう傾向にありまっす。
    これは生命が危機に陥った時に瞬時に動けるようにするための本能的な働きなのですが、結果的には、ホルモンのバランスが乱れてしまい、女性ホルモンの分泌にも大きな影響が出てしまうのです。
    実際に、ホルモンが関係することにより、引き起こしてしまうと言われていますので、自分ができる対策を日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。

Comments are closed.